コピー機をリースするメリットを知っておこう

OA機器の導入

男性

買うよりも借りる

OA機器はオフィスに欠かせないものですが、一方で会社が導入する場合には税金を考慮して導入する形を決めなければなりません。コピー機や複合機でも安価なものが販売されており、それらは消耗品として購入することも可能ですが、複数の人が頻繁に利用する会社において安価なものは作業効率が良いとは言えません。このため10万円以上するコピー機を導入することも多くあります。そのような場合のコピー機の導入では、購入して減価償却をするか、もしくはリースという形をとる方法があります。メリットは会社が直接購入するのではなくリース会社に購入してもらい、それらを月々のリース料を支払うというものです。減価償却の計算が不要になるのがリースのメリットで、また使用するサイクルが短いOA機器を含めて社用車などもリースが使われています。特に期間が満了した場合にはリース会社が引き上げてくれるので処分費用が発生しないのもメリットです。コピー機のリースでは税金以外のメリットとしては、直営の場合には保守サービスが含まれていることで、月々の費用負担が明確になり、支出をコントロールしやすくなります。もちろんリース料には手数料が掛かるので、トータルでのコストは購入よりも高くなります。ただ会社における事務処理の煩雑さを軽減する方法としては有益です。コピー機をリースで借りるのも簡単で、リース会社に利用したいことを伝え、購入したいコピー機を選定し購入を依頼するだけです。実質的には分割払いなので、審査がありますが十分に資金に問題がなければ審査に落ちることはありません。

3次元プロッタ

誰でも簡単に立体物を作成

3Dプリンターは一般家庭でも手軽に立体物を作る事が出来ます。3Dプリントに必要なデータはネット上から数多く手に入れる事が出来るので、自分で3Dデータを作成する事が難しいという方も利用する事が可能です。

インキ

サービスも機能も充実

リコーのトナータイプの複合機はラインナップが豊富なので自社に最適なモデルを選ぶ事が出来ます。また、オプション機能も充実しておりこれまで手作業していた様な折り目印刷などを自動で行ってくれるなど業務の効率化に繋がる機能が満載です。加えて、万全のサポート体制がしかれているので安心して利用する事が出来ます。

3Dプリンタ

迷わず業務用を選択したい

3dプリンターの選び方で注目されているのは、品質、導入実績数、使い勝手の三点です。最小積層ピッチが小さければ小さいほど表面はなめらかになるので、一番注目されています。使い勝手の良さも日々使用していくことを考えたら大切です。導入実績数の多さは信頼の裏付けです。